ヘッダー画像

エコキュートと太陽光発電の導入

エコキュートという給湯器があることをご存知でしょうか。実はこのエコキュートと太陽光発電の導入が相性がよいといわれ、電気料金の契約をうまく活用してさらに省エネにすることができる仕組みがある。

電力会社との契約では、夜間の電気料金が安く、昼間の電気料金が高いという契約がある。これは昼間は自宅に居ない人向けの契約といってよい。

一方で、エコキュートは夜間の電気料金が安い時間帯にお湯を沸かすというのがメイン機能なので、その夜間に沸かしたお湯を翌日に使うことができるのだ。

この昼間の電気料金が高いタイミングに太陽光発電を使うことで電気料金を抑えることができるといものだ。

エコキュートのしくみ

エコキュートの仕組みを簡単にお伝えしておこう。貯湯タンクとヒートポンプから構成される。ヒートポンプによって気体を圧縮・膨張させることで加熱、冷却を可能としている。エコキュートの導入価格相場としては50万~90万円。ガスによる給湯器の倍はするが、エコキュートの電気代は年間1万円~1万5千円程度なので、ガス給湯器よりだいぶ安く済ませることができる。なので5~6年で元をとることが出来ると言われている。

オール電化住宅

オール電化住宅というと太陽光発電を導入している家?とうことで勘違いをされる方が多いようです。オール電化は家庭内の光熱費をすべて電気で賄うことで、具体的にはガスを使わない事を言います。ガスコンロ、ガス給湯器を使わずにIHクッキングヒーター、エコキュートを使った住宅のことです。そして太陽光発電を導入することが相性が良いとされているので電力会社との契約で電気代を安くできてエコなライフスタイルを送ることができるわけです。

太陽光発電業者はエコキュートも取り扱っている事が多いので同時に問い合わせをしてみても良いでしょう。

このページの先頭へ