ヘッダー画像

太陽光発電を形状や面積で比較しています

太陽光発電を導入するときの比較ポイントとしてパネルの大きさ・面積・屋根へのフィット感はとても重要です。なぜなら屋根の形状によって乗せられるパネルの種類が決まってしまう事があるからです。

色々とチェックポイントがあるのですが

  • 屋根の種類→切妻屋根/寄棟屋根/複雑な屋根の形状
  • 屋根の向き→真南向きがベスト、東向き、西向き屋根の場合は太陽光を受け取って電気を作る際に真南向き時の出力よりも85%程度になってしまう
  • 屋根にたくさん載せて発電量を増やしたい場合はパネル面積が小さいものを選ぶ。
こういった点と合わせて太陽光発電を比較していきましょう。

屋根への乗せやすさ、複雑な屋根形状でもたくさん乗せられるランキング

様々な屋根に対応できるパネルと工法を保有

  1. 京セラ

    どんな屋根にも対応しているのが京セラでこの業界誰に聞いても屋根にマッチするパネルを探すなら京セラと言われるほどです。正方形・長方形・台形・小さめなパネルと用意されているので切妻、寄棟はもちろん複雑な屋根や、陸屋根でも搭載が可能となっています。

  2. 三菱電機

    日本の屋根を研究し尽くしたのが三菱電機。パネルは長方形・正方形・台形と用意されており、限られた屋根スペースを活かせる「マルチルーフ」と呼ばれる太陽光パネルを使用。雪・雨・塩害に強く、塩害地域には3層構造バックフィルム、積雪地域では2m積雪に耐えうるプロテクションバーで設置が可能。

  3. シャープ

    シャープも長方形・正方形・台形と用意されています。

こちらは省スペースなのにたくさん発電するランキング

公称最大出力で4KWシステムを構築するのに必要なパネルの枚数と、その時の面積。全て各メーカーの主力パネルのみで計算。台形パネル等不使用の単純な太陽光発電の面積比較。

メーカー 型番 面積 4KW枚数
東芝 SPR-250NE-WHT-J 1.244㎡ 16枚  19.84㎡
パナソニック HIT245α 1.282㎡ 16.32枚  20.93㎡
シャープ BLACKSOLAR NQ-198AC 1.153㎡ 20.2枚  23.29㎡
三菱電機 PV-MA2200K 1.421㎡ 18.18枚  25.8㎡
京セラ エコノルーツアドバンス 1.156㎡ 24.24枚  27.08㎡
ソーラーフロンティア SF170-S 1.228㎡ 23.52枚  28.89㎡

大きい屋根に載せるのか、予算はいくらなのかによって更に比較する必要があります。一般的にはたくさん載せてたくさん発電したほうが売電によって早く初期コストを回収できると言われています。ご自宅の屋根形状にあわせて検討していくとよいでしょう。ただ専門家でない限り詳しいリサーチはできないと思います。何店舗かの販売店に現地調査を依頼して、それぞれの見積りを比較されるとよいでしょう。

太陽光発電の一括見積り&資料請求はタイナビの利用がおすすめです
太陽光発電一括見積もりのタイナビ



このページの先頭へ