ヘッダー画像

三菱電機の太陽光発電の特徴とその魅力

生涯発電量といえば三菱電機。耐久性にも優れ、雪・雨・塩害に強い太陽光パネルを開発。

これまでの2本バスバーより電気抵抗を軽減した4本バスバーを導入することによって、発電量を大きく向上させ、単結晶シリコンで245Wの出力を可能としている。また太陽光パネルで発電した直流電流を家庭で使える形式(交流電流)に変換するのがパワーコンディショナの役目。三菱電機のパワコンは変換効率97.5%を実現しロスが殆ど無い状態で家庭内に送電することが可能。

太陽光パネルの形状も京セラの次に多彩で、日本家屋を徹底研究したパネル形状を用意している。限られた屋根スペースを活かせる多彩な太陽光パネル「マルチルーフ」。長方形モジュール、正方形モジュール、左右の台形モジュールを設置でき、切妻屋根へたくさん乗せられるのと、台形モジュールで寄棟屋根にさらに多く設置ができる。

保証内容の充実

塩害地域には3層構造バックフィルム、積雪地域では2m積雪に耐えうるプロテクションバーで設置が可能。また高い耐久性を実現。日本の気候に対応したモジュールで長期利用を可能に。保証については太陽電池モジュールが25年保証、周辺機器10年保証(無料)+有料5年と力を入れている。

太陽光発電システムの価格帯

2015、6年までは安くも高くもない分類をされていた三菱電機の太陽光発電だが価格帯が安くなっている。コストパフォーマンスが高いので検討に入れたい一社として間違いない。

価格の見積もり、資料請求はタイナビを活用すると良いでしょう。

三菱電機のパネル

単結晶シリコンパネルで種類が豊富。標準長方形・台形・正方形と用意されているので切妻屋根、寄棟屋根でも問題なく載せられる。さらにマンションの屋上のようなフラットな場所(陸屋根)でも搭載が可能。

長方形モジュール
三菱電機長方形モジュール適用屋根切妻・寄棟・陸屋根
製品名PV-MA2450M
価格102,900円(税別)
面積1657×858×46mm≒1.419㎡
タイプ単結晶
モジュール変換効率17.20%
公称最大出力245W
1Wあたり価格¥420
三菱電機の代表的な太陽光モジュールがコレ。長方形モジュールの他にハーフモジュールもあり屋根への敷き詰め量も増やせる。以前の製品より価格が大幅に安くなった。
左右台形モジュール
三菱電機左右台形モジュール適用屋根寄棟
製品名PV-MA1200ML/R
価格55,200円 (税別)
面積1297×858×46mm
タイプ単結晶
モジュール変換効率14.40%
公称最大出力120W
1Wあたり価格¥460
寄棟屋根用の三角コーナー部分用の台形モジュール。画像は左側用だが、右側用もある。やはり相対的に安価になっている。
積雪地域対応モジュール
三菱電機積雪地域用モジュール適用屋根切妻・寄棟屋根
製品名PV-MA2450MS
価格価格 107,800円(税別)
面積1657×858×46mm
タイプ単結晶
モジュール変換効率17.2%
公称最大出力245W
1Wあたり価格¥440
積雪地域に対応した堅牢性がウリのモジュールがこちら。

 

このページの先頭へ